FACT AND FANCY


Mostly about books...sometimes others.
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
CATEGORIES
BOOKS 2004〜⇒読書メモ
CHESS BOOKS⇒チェス本紹介
(JP:和書 FL:洋書)
KNITTING BOOKS⇒
ニット本紹介
HANDICRAFTS⇒編み物など
GAMES⇒ザ・シムズ2&3ほか
TIMO⇒
ミニチュア
ダックスフンド
ロングB&T
2010/07/05 ♂
ARCHIVES
SEARCH
OTHERS




free counters

gremz
『ネメシス』アイザック・アシモフ
植民衛星ローターの天文学者ユージニアは、太陽からわずか2光
年のところに未知の惑星を発見した。地球からの独立を望んでいた
ローターの指導者ピットは、秘密裏に太陽系脱出を計画し、衛星ご
とこの恒星ネメシスへと旅立った。
だがネメシスは、やがて太陽系におそるべき打撃をもたらすことにな
る災厄の星だった・・・

ずっと欲しかった本だったから、すっごく楽しみにしてたんだけど・・・
やっぱりアシモフは短編の方がスキだなあ。読みやすかったけど、
ムダに長い気がした。
登場人物にも魅力を感じず・・・特に主人公の女の子がイヤだからも
うどうしようもない。
なんとか読みきったという感じ。今年の読みおさめなのにガッカリ。

今月は"自分へのご褒美月間"というコトにして、新刊も古本も欲望
のままにたくさん買ったのに、読む時間があんまりなかった。
明日から1週間ほどお休み。やっとゆっくり読書できそう。新年の1冊
目はどれにしようかな〜

Reading Through

ネメシス〈上〉 ネメシス〈下〉


 『ネメシス』 アイザック・アシモフ
 早川書房
 ISBN 4150111782
     4150111790

| BOOKS 2004 | 23:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
『占星師アフサンの遠見鏡』ロバート・J・ソウヤー
人間並みの知性をもつ恐竜、キンタグリオ一族。彼らは世襲制の国
王のもと、中世ヨーロッパ的な文明社会を築いていた。
見習い占星師のアフサンは、非科学的な師の教えに不満を感じてい
た。彼は最新の発明品である遠見鏡で星々を観察し始め、世界の秘
密を解き明かしていく。その眼前に開けた、新しい世界観とは・・・

カンタンにいうと"恐竜版"ガリレオ物語。他にも思い浮かぶ偉人が何
人かいる。
とにかく恐竜社会の様子がとっても面白い!

3部作だとあとがきで知った。この世界の行く末が気になるところなの
で、ぜひ読みたい。でも邦訳出てナイ・・・
ソウヤーの作品はどれも、SF者じゃなくっても楽しめるエンターテイン
メントっぽいから、もっと訳されててもイイと思うんだけどなあ・・・

Reading Through

『占星師アフサンの遠見鏡』  ロバート・J・ソウヤー
早川書房 ISBN 4150110530

| BOOKS 2004 | 02:49 | comments(0) | trackbacks(1) |
『去年を待ちながら』フィリップ・K・ディック
2055年、死してなお蘇り、人々を鼓舞する最高権力者モリナーリを
トップに、地球は星間戦争のさなかにあった。
この星間戦争を支えるTF&D社社長の主治医エリックは、ある日モ
リナーリの専属担当を要請される。
一方、エリックの妻キャサリンは夫との不和から、軍事用に開発され
た禁断のドラッグ、JJ180を服用してしまう。この薬の副作用により、
時間と空間が交錯しはじめる・・・

泥沼状態の戦争に妻との愛憎劇。どちらも閉塞状態で重い・・・
半分ほど読んで投げ出してたせいか、ディック中期の名編というけれ
ど、最後まで読んでもいまいちノレなかった。
全く面白くないというワケではナイから、いつか読み直してみようかな。

ディックといえば、『ドクター・ブラッドマネー』が創元SF文庫から新訳
で1月刊行予定。サンリオ版持ってないから楽しみ。

Reading Through

『去年を待ちながら』  フィリップ・K・ディック
東京創元社 ISBN 4488696015

| BOOKS 2004 | 01:35 | comments(0) | trackbacks(0) |