FACT AND FANCY


Mostly about books...sometimes others.
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
CATEGORIES
BOOKS 2004〜⇒読書メモ
CHESS BOOKS⇒チェス本紹介
(JP:和書 FL:洋書)
KNITTING BOOKS⇒
ニット本紹介
HANDICRAFTS⇒編み物など
GAMES⇒ザ・シムズ2&3ほか
TIMO⇒
ミニチュア
ダックスフンド
ロングB&T
2010/07/05 ♂
ARCHIVES
SEARCH
OTHERS




free counters

gremz
2009 購入本リスト
今年は131冊購入。去年をちょっとだけオーバー・・・でも!円高のおかげでチェスとかの洋書の購入が多かっただけで、「新刊中心の購入&すぐに読む」を心掛けていたからか、積読は増えてない。むしろちょっと減ったかも!来年もこの調子で・・・
最近なんとなくSFが読めなくなってきたし、来年はコレクションと化してるホームズ関連本をちゃんと読んでいこうかな〜

続きを読む >>
| BOOKS 2009 | 23:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
『泰平ヨンの航星日記』スタニスワフ・レム
広大無辺の大宇宙を旅する泰平ヨンが出会うさまざまな奇想天外・珍無類のできごとを、東欧SF界の巨星レムが奔放な筆致で描きあげた連作短篇集。改訳版。

ずっと読みたかった。古本は高値で手が出せなくて・・・
宇宙を舞台にしたホラ話の数々。ふんだんに盛り込まれたアイデア、奇抜な発想、語りの巧さ、もう最高!たまに添えてあるイラストもイイ。
シリーズ全部復刊してくれたらいいのに・・・

Reading Through







『泰平ヨンの航星日記』 スタニスワフ・レム
早川書房 ISBN 9784150117252

| BOOKS 2009 | 02:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
『閉じた本』ギルバート・アデア
事故で眼球を失った大作家ポールは、世間と隔絶した生活を送っていた。ある日彼は自伝執筆のため、口述筆記の助手として青年ジョンを雇い入れる。執筆は順調に進むが、ささいなきっかけからポールは恐怖を覚え始める。ジョンの言葉を通して知る世界の姿は、果たして真実なのか・・・?

会話と主人公の独白のみで構成された異色ミステリ。
世間から隔絶されたポールの状況がじわじわ怖い。期待しすぎちゃったのか、なんだかちょっと物足りなかった。もう少しストーリーに深みがあったら・・・でも、この凝ったスタイルだけでも面白かった。

Reading Through

閉じた本





『閉じた本』 ギルバート・アデア
東京創元社 ISBN 9784488154028

| BOOKS 2009 | 16:07 | comments(0) | trackbacks(0) |